通信制高校や大学に進むためのカリキュラム|受験生必須ニュース

勉強

サポートする

文房具

近年、中学受験のレベルが上がってきています。中学校に進学するには、学科試験に合格する必要があります。また、小学校の勉強に比べると授業の難易度も上がるので、自主的に勉強をする必要があります。自主的に勉強する手段としては、塾に行くか、家庭教師を自宅に招いて対策を行なっていきます。最近の進学塾では、授業内のハイレベル化がどんどん進んでいます。そのため、生徒の消化不良が20%から30%も起こっています。特に、小学5年生からは宿題やテストの質が高くなっています。さらには、量もたくさん出るようになっていますので、自宅で親御さんたちだけではフォローができない状態になってしまい、家庭で議題の見直しをしようと思ってもなかなか手がつけられないのです。そこで、進学塾の講師に質問をしようと思ってもいつも長蛇の列になってしまい、内容をしっかりと吸収できないままに終わってしまうのです。しかし、中学受験対策を行なっている総合的な進学セミナーでは、それぞれの生徒のカリキュラムに精通している講師が、生徒の学力に合わせて中学受験対策を行い、進学塾でのサポートをします。また、中学受験のサポートをする内容としては、算数の出題パターン問題を強化します。算数のテストの出題パターンはいくつかあって、それぞれのパターンにあった対策をしていきます。さらには、国語読解能力の強化といった取り組みも行っていきます。そして最後に、中学受験の対策を行うところは、家庭教師や進学セミナー、進学塾とありますが、それぞれで指導内容も異なってくるので生徒の学力レベルにあったものを選ぶと良いでしょう。